search Icon
hitoグルメ蛤坂まえかわ
hitoグルメ蛤坂まえかわ

金沢 野町【蛤坂 まえかわ 】 金沢片町から犀川大橋を渡った場所にある「蛤坂まえかわ」 焼き鳥の名門中の名門「鳥しき」で修行された後、NY支店「鳥えん」を任されたもののコロナの影響で地元金沢でお店を開くことを決めたそうです。 お店は築100年ほどの町家のリノベーションで、いかにも金沢らしい雰囲気。一日に2回転のみなので、時間より少し前に到着すると待合室でしばし待たされます。その時間から既にウキウキ。 「蛤坂まえかわ」さんも既に超人気店となってしまい、一ヶ月分の予約はわずか20分で埋まってしまうそう。今回は運良く席を譲っていただき、初訪問となりました。 ビールで喉を潤しつつ、最初の串ははサビ焼き。上品なササミが実に香ばしく焼き上げられており、わさびとよく合います。 途中、飲み物を「農口」に変えましたが、最後の手羽先まで本当にあっと言う間。「鳥しき」と同じ伊達鶏を使っているそうですが、どれもビッグサイズで厚みがあります。それでも、いくらでも食べられる雰囲気💦 鶏肉以外の食材は積極的に金沢のものを使っているのとこと。食べるのに必死で詳しく覚えていないのが残念ですが… 最後、〆は何種類かある中で一番ヘビーそうな親子丼にチャレンジ。小さいサイズも選べるそうですが、せっかくなので普通サイズでw 既にかなりお腹いっぱいでしたが、タマゴのオレンジ色なんとも食欲をそそり、鶏肉の旨味と絡まってペロっといただけてしまいました。 経歴もですが既に超人気店になっていることもあり、聞かされていた話では、かなり畏まった雰囲気なのかと思っていましたが、ご主人前川さんは、非常に丁寧で自分たちのぶしつけwな質問にも嫌な顔せずお答えいただき、とても好印象。これは次の予約も頑張るしかありません! 2回転の最後の回でしたが、ダラダラ飲んでいたこともあり、自分たちが最後の客になってしまいましたが、炭を片付けながらも紳士的にご対応いただき、帰りには玄関先までご主人自らご挨拶に出てきていただけました。 まだしばらく出張(というかもう住人…)で金沢に滞在しそうですが、楽しみがまた一つ増えました。 ごちそうさまでした😋